4/14(土) CAP―子どもの虐待予防教育ワークショップ

同じ千葉県内の団体である「CAPなのはな」から講師をお招きして、子どもの虐待を予防について学ぶワークショップを柏市で開催します。
ケニアの未来のスタッフが参加型ワークショップでCAPについて学びますが、一般にも参加を呼びかけ、子どもをとりまくあらゆる暴力から子どもを守るという課題について共に学べればと考えています。
ぜひふるって、ご参加ください。

CAPとは、Child Assault Prevention の頭文字で、
子どもを取り巻くあらゆる暴力から、
子どもが自分の大切な心と身体を守る暴力の予防教育です。


ワークショップの主な内容は以下になります。
I CAPとは
①CAPの歴史
②暴力とは
③なぜ子どもは暴力ににあいやすいのか(CAP分析)
II子どもワークの体験
III子どもワークの内容と構成
IV CAPの三本の柱
①人権意識
②エンパワメント
③コミュニティ
V子どもを暴力から守るために、おとなにできること。
VI話を聴く


■日時:2018年4月14日(土)15:30~17:30
■会場: 柏中央近隣センター 会議室B
■参加費: 一般1,000円 /(特活)ケニアの未来の会員500円
■CAPなのはなについて
2001年に設立後、主に千葉県の東葛地域でCAPのワークショップの提供や子どもへの暴力防止のための講演会等を企画・開催。地域の小学校、保育園、幼稚園や子ども達の安全を守るための学習会などで、ワークショップを開催。
地域の大人や学校の教職員対象のワークショップや小学生のクラスを対象単位とした子どもワークショップなども実施。

■定員: 30人
■申し込み方法:メールにお名前、所属、E-mailを記入のうえ、件名を「4月14日CAPワークショップ参加申込」として、
次のアドレスに送信してください。
ytanaka@kenyanomirai.org
(担当:ケニアの未来事務局 田中友紀)

■チラシ:https://drive.google.com/open?id=1imQXpyQSGGfN9OdwH1mIA1tCZ-FVtBta