12/15(土)ケニアJICA草の根事業帰国報告会  ~ケニアの地域社会における子どもの保護、更生保護活動の可能性~

ケニアの未来は、ケニアで脆弱な状況にある保護が必要な子どもたちの中でも、特に非行を犯したとされる少年・少女の地域社会での立ち直りを目的としている特定非営利活動法人です。更生は、1人ではできず、必ず、周囲の理解と協力が必要となりますが、地域社会での取り組みは非常に限定されているため、設立当初から、地域社会のキーパーソンとしての「保護司」に着目し、この保護司による、見守り、支え、援助が実現できるよう支援活動を行っています。

2017年8月~2018年7月、庭野平和財団の助成による「ケニアの地域社会の保護司による少年・青年の更生支援事業」が完了し、2018年7月に開始されたJICA草の根技術協力事業「ケニア共和国マチャコス地方の地域社会における非行少年及び青年の更生保護活性化事業」を実施中です。

ケニア事業を担当し、JICA草の根事業のプロジェクトマネージャーを務めている橋場美奈より、事業報告を行います。ケニアの非行少年の課題、さらに、ケニアの子どもたちが直面しているリスクについて、地域社会の声をたくさん聞く活動をしておりますので、それを日本の方々にお話ししたいと考えています。 ぜひふるって、ご参加ください。

■日時:  2018年12月15日(土)15:00~17:00
■会場: JICA東京センター本館セミナールーム301 https://www.jica.go.jp/tokyo/office/access.html
■講師紹介
橋場美奈: 特定非営利活動法人ケニアの未来副代表兼事業担当。 元JICA専門家。ケニアでJICAの技術協力プロジェクトである少年保護関連職員能力向上プロジェクトに従事後、ケニアの未来を創設し、ケニアの地域社会における子どもの保護事業を実施している。JICA草の根技術協力事業では、特に非行少年に焦点を当て、保護司の選出と育成を図ることを目指している。
■参加費: 一般500円/(特活)ケニアの未来の会員は無料。
■定員: 20人
■申し込み方法:メールにお名前、所属、E-mailを記入のうえ、件名を「12月15日報告会参加申込」として、 次のアドレスに送信してください。
ytanaka@kenyanomirai.org
(担当:ケニアの未来事務局 田中友紀)