私たちの活動

事業の4つの柱

■地域社会での非行少年(保護観察・アフターケアの対象者)の
個別更生指導・監督の強化。またグループによる更生プログラム
■少年少女の更生、子どもの保護についての地域社会の理解促進活動
■司法制度からの分離(Diversion)の強化
■子どもの虐待、非行の予防強化

head011_04
活動のご報告

2019年7月3日
LUSH JAPAN チャリティバンクに採択いただきました。

2007年からラッシュで販売されている、売上げの全額(消費税を除く)が寄付となるハンド&ボディローション『チャリティポット』。動物の権利擁護、人権、環境保全の分野で社会課題の根本的な解決に取り組む団体の活動に寄付・助成されています。こちらの助成の対象に選ばれました。

・プロジェクト名:「ケニアにおける児童保護ボランティアの
活性化と地域密着型の活動形成事業」
・助成金額:949,000円
・活動期間:2019年7月1日~2020年7月31日
・プロジェクト内容:首都ナイロビに隣接し、急速に宅地開発が進んでいるアティリバー県にて児童事務所と共同で児童ボランティアを育成し、こちらを核に学校や警察など関係者で連携し、児童虐待や早期妊娠など地域の子どもが抱える課題を早期発見・適切なサポートを行うためのセーフティネットを構築します。

head011_04
2018年7月21日
独立行政法人国際協力機構(JICA)より
草の根技術協力事業(支援型)の採択をいただきました。
・事業名:ケニア共和国マチャコス地方の地域社会における
非行少年及び青年の更生保護活性化事業
・契約金額:9,999,000円
・実施期間:2018年7月~2020年7月(2年間)
https://www.jica.go.jp/partner/kusanone/shien/ken_10.html

head011_04
2017年7月3日
公益財団法人庭野平和財団の公募助成、採択いただきました。
・申請事業名:ケニアの地域社会の保護司による少年・青年の更生支援事業
・助成金額:730,000円
・活動助成期間:2017年8月1日〜2018年7月31日
http://www.npf.or.jp/grant/grant_list/2017first.html

 

ケニアの子どもの更生、そして 非行と子どもへの虐待防止を目指します。