mirai のすべての投稿

1/5(土)セミナー「孤児院への支援は危険?~ケニアの子どもたちへのオルタナティブ支援について考える」

 

講演者:(特活)ケニアの未来会員 三関理沙

世界中の児童養護施設(孤児院)に住む子どもたちの80%以上には、親が生きていて実際には`孤児`ではないと言われています。

施設ケアでは家族で育った子どもに比べて、身体的、精神的に成長が遅れる可能性が高いという研究が出されていて、施設で長期的に過ごした子どもは施設を出た後に頼る身寄りがおらず、孤立してしまいます。また、家事を手伝ったり、お買い物に行ったりといった一般家庭で普通に行うことを経験していない子どもたちは社会に出て、馴染めない傾向にあります。

現在、ケニアには260万人の子どもたちが親を失っているか、脆弱な状況にあると言われています。ケニアでは、HIV感染拡大のピークは収まったものの、働く世代の親がいない子どもが増え、祖父母の家庭で育てるのが難しい状況が多く見られます。そこに、外国からの大量の児童養護施設が入ってきました。’孤児を助けてください!’というスローガンの下、施設の数は膨れ上がりました。ケニアには830 の児童養護施設があり、4万~4万2千人の子どもたちが住んでいると言われています。また、不認可で、違法に運営している施設もあるため、実際は、さらに多くの子どもが施設に住んでいると推測するデータもあります。

しかし、本当に児童養護施設は必要でしょうか?児童養護施設を支援するお金があれば、子どもが家庭で暮らせるように家庭やコミュニティの支援をできると思いませんか。アフリカの家族はとても大きく、親が育児できない場合も、親せきの人たちによる経済的、精神的支援があれば、子どもの養育は可能です。

今年ケニアでは、施設に依存せずに子どもを家庭で育てていこうという政府の政策が本格的に始まりました。また、里子や養子縁組制度の強化も始まっています。ケニアが子どもの保護の政策転換に臨んでいる重大な時期です。

このセミナーでは、オランダの大学院で行った、「ケニアにおける子どもの脱施設ケア」についての研究内容を皆さんにお伝えしながら、ケニアの子どもたちのケアについて共に考えたいと思います。 どんな家庭に生まれた子どもにも、’家族’の愛情を知りながら暮らす権利はあります。 みなさんのご参加お待ちしております。

<講演者プロフィール>
(特活)ケニアの未来会員 三関理沙
大学卒業後、一般企業にて貿易実務に5年間勤務。その後、青年海外協力隊として、ケニアのニエリで2年間活動。児童相談所でソーシャルワーカーとして、地元のボランティアと一緒に子どもの問題に草の根で取り組む。日本に帰国後NGOで広報業務を1年経験した後、オランダのInternational institute of Social Studies(ISS)で開発学を勉強中。子どもと若者に対する社会保障を専攻し、修士論文はケニアにおける子どもの脱施設ケアについて執筆。

■式次第
1)11:00〜11:20 イントロダクション 「ケニアの子どもの脱施設化~ケニアの未来の活動との関係」ケニア事業担当:橋場美奈
2)11:20〜12:20 講演 「ケニアにおける子どもの脱施設ケア」三関理沙
3) 12:20〜12:50 質疑応答・ディスカッション

■日時:  2019年1月5日(土)11:00~13:00
■会場: JICA東京センター本館セミナールーム408 https://www.jica.go.jp/tokyo/office/access.html
■参加費: 一般500円 /(特活)ケニアの未来の会員は無料。 ■定員: 20人
■申し込み方法: メールにお名前、所属、E-mailを記入のうえ、件名を「1月5日報告会参加申込」として、 次のアドレスに送信してください。
ytanaka@kenyanomirai.org
(担当:ケニアの未来事務局 田中友紀)

12/15(土)ケニアJICA草の根事業帰国報告会  ~ケニアの地域社会における子どもの保護、更生保護活動の可能性~

ケニアの未来は、ケニアで脆弱な状況にある保護が必要な子どもたちの中でも、特に非行を犯したとされる少年・少女の地域社会での立ち直りを目的としている特定非営利活動法人です。更生は、1人ではできず、必ず、周囲の理解と協力が必要となりますが、地域社会での取り組みは非常に限定されているため、設立当初から、地域社会のキーパーソンとしての「保護司」に着目し、この保護司による、見守り、支え、援助が実現できるよう支援活動を行っています。

2017年8月~2018年7月、庭野平和財団の助成による「ケニアの地域社会の保護司による少年・青年の更生支援事業」が完了し、2018年7月に開始されたJICA草の根技術協力事業「ケニア共和国マチャコス地方の地域社会における非行少年及び青年の更生保護活性化事業」を実施中です。

ケニア事業を担当し、JICA草の根事業のプロジェクトマネージャーを務めている橋場美奈より、事業報告を行います。ケニアの非行少年の課題、さらに、ケニアの子どもたちが直面しているリスクについて、地域社会の声をたくさん聞く活動をしておりますので、それを日本の方々にお話ししたいと考えています。 ぜひふるって、ご参加ください。

■日時:  2018年12月15日(土)15:00~17:00
■会場: JICA東京センター本館セミナールーム301 https://www.jica.go.jp/tokyo/office/access.html
■講師紹介
橋場美奈: 特定非営利活動法人ケニアの未来副代表兼事業担当。 元JICA専門家。ケニアでJICAの技術協力プロジェクトである少年保護関連職員能力向上プロジェクトに従事後、ケニアの未来を創設し、ケニアの地域社会における子どもの保護事業を実施している。JICA草の根技術協力事業では、特に非行少年に焦点を当て、保護司の選出と育成を図ることを目指している。
■参加費: 一般500円/(特活)ケニアの未来の会員は無料。
■定員: 20人
■申し込み方法:メールにお名前、所属、E-mailを記入のうえ、件名を「12月15日報告会参加申込」として、 次のアドレスに送信してください。
ytanaka@kenyanomirai.org
(担当:ケニアの未来事務局 田中友紀)

【募集】ケニア派遣インターン

(特活)ケニアの未来では、下記事業に従事していただくインターンを募集いたします。

JICA草の根技術協力事業(支援型)
ケニア共和国マチャコス地方の地域社会における非行少年及び青年の更生保護活性化事業
https://www.jica.go.jp/partner/kusanone/shien/ken_10.html

国際協力、特にアフリカにおける子どもの問題に関心のある方に、ケニアの未来の事業実施をプロジェクトマネージャーと共に担当していただき、事業運営・展開を経験していただきます。長期的に国際協力や途上国の子どもの課題に関わりたいという意思のある方、ぜひご応募ください。

<募集要項>
■募集職種:インターン
■募集期間:2018年10月頃~
*適任者の派遣が決まり次第、終了。
■募集人数:1名
■業務期間:2019年2月~2019年7月
■勤務地:ケニア・マチャコス事務所
及びマチャコス地方 アティ・リバー県及びムワラ県
■主な業務内容:
・プロジェクトマネージャーの補佐
・事業の現場業務の運営・管理
■要件:
・20歳以上、要英語力
・類似経験不問だが、途上国や外国での活動経験者優遇。
・ケニアの農村部での長期滞在が可能な健康状態の方。
・志望動機と子どもの保護についての自らの考えをまとめた
作文の提出(A4一枚程度)
*(特活)ケニアの未来の会員になっていただくことが
条件になります。
■待遇:
・滞在費(食費・出張時宿泊費)補助支給(ビザ代含)
・宿舎の提供
・海外旅行傷害保険への加入
・上記以外の諸経費(ケニアまでの旅費、予防接種、
業務外の交通・通信費、補助額を超える滞在費など)は
全て自己負担
■応募方法:以下の書類を作成の上、
Eメールにて送付してください。
○履歴書(書式自由。)
*英語力については必ず明記してください。
*勤務開始可能時期を記載してください。
○課題作文「志望動機と子どもの保護について」(A4一枚程度)■選考方法:書類審査・面接
■担当:事務局 田中 友紀
TEL:  090-6321-5389
E-mail: info@kenyanomirai.org

4/15(日)キ・アフリカ定例会アフリカ講座「ケニアの非行少年~ケニアの未来の子ども支援」

2018年4月の定例会前半のアフリカ講座は、
NPO「ケニアの未来」のケニア事業担当の橋場美奈さんに
「ケニアの非行少年~ケニアの未来の子ども支援」
というタイトルでお話してもらう予定です。
https://www.facebook.com/events/1881484951870066/

講師紹介
橋場美奈(はしば みな)
神奈川県出身。2000 年からケニアやタンザニアなど
東アフリカ諸国において、社会開発の協力活動に関わる。
2010 ~ 13 年、独立行政法人国際協力機構(JICA)
の専門家として少年司法分野の職員研修プロジェクトに従事後、
ケニアにおける地域社会内での非行少年・青年の更生・非行
の予防の重要性を痛感し、2014 年ケニアの未来プロジェクト
の立ち上げを経て、2016年12月特定非営利活動法人ケニアの未来を設立。
主に、保護司の制度を通じて、ケニアの地域社会での
子ども・青年のケア、更生を図ることを目指して活動中。

後半のスワヒリ語講座(初級・中級コース)は、
スワヒリ語初めての方にも初級コースを用意しています。
興味のある方はぜひ参加ください。
(参加される方は直接会場へお越し下さい。)

日時:2018年4月15日(日)13:00-16:00
場所:JICA地球ひろば601会議室
〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5
TEL: 03-3269-2911
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩10分

参加費:会員(社会人);500円、会員(学生);無料
一般;1,000円、学生;500円
キ・アフリカホームページ:www.kiafrika.org
問い合わせ先:キ・アフリカ永棟
(e-mail:tnagamune@nifty.com)

4/14(土) CAP―子どもの虐待予防教育ワークショップ

同じ千葉県内の団体である「CAPなのはな」から講師をお招きして、子どもの虐待を予防について学ぶワークショップを柏市で開催します。
ケニアの未来のスタッフが参加型ワークショップでCAPについて学びますが、一般にも参加を呼びかけ、子どもをとりまくあらゆる暴力から子どもを守るという課題について共に学べればと考えています。
ぜひふるって、ご参加ください。

CAPとは、Child Assault Prevention の頭文字で、
子どもを取り巻くあらゆる暴力から、
子どもが自分の大切な心と身体を守る暴力の予防教育です。


ワークショップの主な内容は以下になります。
I CAPとは
①CAPの歴史
②暴力とは
③なぜ子どもは暴力ににあいやすいのか(CAP分析)
II子どもワークの体験
III子どもワークの内容と構成
IV CAPの三本の柱
①人権意識
②エンパワメント
③コミュニティ
V子どもを暴力から守るために、おとなにできること。
VI話を聴く


■日時:2018年4月14日(土)15:30~17:30
■会場: 柏中央近隣センター 会議室B
■参加費: 一般1,000円 /(特活)ケニアの未来の会員500円
■CAPなのはなについて
2001年に設立後、主に千葉県の東葛地域でCAPのワークショップの提供や子どもへの暴力防止のための講演会等を企画・開催。地域の小学校、保育園、幼稚園や子ども達の安全を守るための学習会などで、ワークショップを開催。
地域の大人や学校の教職員対象のワークショップや小学生のクラスを対象単位とした子どもワークショップなども実施。

■定員: 30人
■申し込み方法:メールにお名前、所属、E-mailを記入のうえ、件名を「4月14日CAPワークショップ参加申込」として、
次のアドレスに送信してください。
ytanaka@kenyanomirai.org
(担当:ケニアの未来事務局 田中友紀)

■チラシ:https://drive.google.com/open?id=1imQXpyQSGGfN9OdwH1mIA1tCZ-FVtBta

4/6(金)ケニア事業帰国報告会 ~ケニアの「非行」少年と保護司再活性化~

2017年8月より庭野平和財団の助成による「ケニアの地域社会の保護司による少年・青年の更生支援事業」で、ケニア国内のナクル、カジアドという2つの郡の6か所の保護観察所と協力して、非行少年の地域社会における更生をより現実的なものにするため、保護司の活動の再活性化を図っています。
今回は、ケニア事業を担当する橋場美奈の一時帰国にあたり、この保護司事業の報告を行い、ケニアの非行少年の問題を少しでも多くの方に知っていただきたいと思っています。
子どもの問題に関心のある方、アフリカへの国際協力に興味のある方、ぜひご参加ください。

■日時:  2018年4月6日(金)19:00~21:00
■会場: JICA地球ひろば 2階大会議室
https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/
■講師紹介
橋場美奈: 特定非営利活動法人ケニアの未来副代表兼事業担当。 元JICA専門家。ケニアでJICAの技術協力プロジェクトである少年保護関連職員能力向上プロジェクトに従事後、ケニアの未来を創設し、ケニアで反社会性のある非行少年の支援活動を実施している。
■参加費: 一般500円/(特活)ケニアの未来会員は無料
■定員: 24人
■申し込み方法:メールにお名前、所属、E-mailを記入のうえ、件名を「4月6日報告会参加申込」として、
次のアドレスに送信してください。
ytanaka@kenyanomirai.org
(担当:ケニアの未来事務局 田中友紀)

過去のニュースレター

任意団体 ケニアの未来プロジェクトで寄付者の皆さん向けに発行した2015年~2016年に発行したニュースレターをダウンロードできます。



 

資生堂社会福祉事業財団 世界の児童と母性 Mother and child wellbeing around the world VOL. 79/2015-10

『ケニアの子どもの貧困ーカカメガ男子更生学校と「ケニアの未来プロジェクト」』で、ケニア、マチャコスでの活動が取り上げられました。

http://www.zaidan.shiseido.co.jp/activity/carriers/publication/pdf/vol_79.pdf