私たちの目指す社会

特定非営利活動法人ケニアの未来は、一人でも多くのケニアの子どもたちが、

自分が大切にされている存在だと自覚しながら自尊感情をもって社会と関わり生きていく大人になること、それを実現できる社会を目指しています。

子どもへの支援ですが、子どもに直接モノやお金や食事は渡しません。

ケニアの多くのコミュニティで見られる子どもに対する暴力、育児放棄、子どもを巻き込んだ犯罪を予防できるよう、

地域の人々への研修を行っています。地域のボランティアを育成します。

ケニアのコミュニティでケニア人自身が子どもたちを守ることができ、

子どもたちがネガティブな感情や思考から反社会的な行動に出ることを防ぐ社会づくりをケニア人とケニアの諸機関と共に行います。


活動コンセプト

ケニアの未来は、以下のようなコンセプトのもとに活動しています。

社会的により困難な状況にある子ども、
社会的に疎外されている子どもたちを対象としています。

Children in Need of Care and Protection。ここに、罪を犯したとされる非行少年も含まれます。

子どもの施設収容は最後の手段としてなるべく避けるべきで、
地域社会の中での子どもの保護を応援しています。

地域社会の住民とケニア行政と協力しながら活動しています。

行政機関については、特に脆弱な子どもたちのケースを取り扱い福祉的なサポートもするケニア児童官事務所、保護観察所、

そして地域社会のかなめとなっている行政官事務所(区長、助役)と協力しています。

地域住民の参加を重視しています。

地域住民の意思決定によるボランティアの選出などを行っています。また地域住民を対象とした研修を実施しています。
外国からの支援のみに頼り、すでに路頭に迷った子どもへの応急処置をするのではなく、そのような子どもたちが出ないようにするための活動に取り組んでいます。また長期的に継続する活動を目指し、子どもたちを守る担い手の主役はケニア人とケニア社会だと考えています。


ケニアの未来の活動を支援する

ケニアの未来は、皆様からのご支援を心よりお待ちしております。