緊急募集!個別支援(特定寄付)のお願い(経過ご報告)

2023年1月23日時点で、26名(団体含)の方より計445,000円の寄付をいただきました! おかげさまで、この1月、新学期の学費及び必要な文房具等を予定通り奨学金生たちに提供することができました。ご支援いただいた皆さま、ご関心をお寄せいただいた皆さま、本当にありがとうございました! 年間での総経費としての目標額52万円達成まで、引き続きのご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。 ケニアの未来では、貧困、差別、社会的疎外にさらされている家庭の子どもたちに対して、奨学金支援を行っています。 病気や障害がある親や家族を持つ子どもたち、孤児である子どもたちへ優先的に支援をしてきました。貧しいだけでなく、病気などの別の問題を抱えニーズの高い家庭は、地元の児童相談所や児童保護ボランティアに認識されていて、子どもたちは、児童養護施設に行ったり戻ったりを繰り返しています。 実際に、ケニアの未来の奨学金を受けている子どもの中には、施設に入らざるを得なかった子や兄弟は施設に入っているという、家庭での通常の暮らしができるギリギリの状況にいる子どももいます。 これまでの支援実績 2019年に本格的に学費支援の応募をナイロビのスラム地域で募り、2020年1月から、コロナによる1年近くの学校の閉鎖時期を乗り越え、支援を続けてきました。今年12月、ナイロビのスラムで育った2名が皆様のご支援をいただきながら通った高校を卒業します。 また、2021年7月、国連薬物事務所(UNODC)ケニア支部から、若者の過激化防止プログラムの対象である更生学校(日本の児童自立支援施設に相当)を出所した元非行少年や少女が継続的な教育機会を通じて、立ち直りができるよう、私たちが活動しているマチャコスでサポートを続けてほしいとの要望を受けました。地元の非行少年の更生と再犯をしないように、という目的のために施設出所後に支援を続けています。非行少年・少女らは、一度更生のための施設に入ったということで差別を受け、学費のサポートを断られることがあるのですが、ケニアの未来では、コミュニティレベルでこのような少年の再犯や過激化の防止につながるよう、一人一人を大事にする支援活動をしています。 それぞれから多く寄せられる奨学金の申請や依頼に対して、現在8名の子どもに対しての奨学金サポートのみに留まっている状況で、心苦しくもあります。 一方で、受け入れた子どもに関しては、その子どもの近所の見守り役の住民の方や児童保護ボランティアの方々と協力して、彼らの悩みや家庭での問題に応えていきたいと、奨学金以上のサポートをしてきました。奨学金生たちは成長期・思春期の中で、様々なニーズを抱えています。 実情では、家庭が貧窮し、孤児であるため高齢の祖母などに頼っている奨学金生に対する支援は、学費にとどまらず、病気や障害で医療費がかさみます。このような家族を丸抱えで支えることはできませんが、できる限り彼らの貧窮した生活状況を少しでも安定させ、しっかりと学業や職業訓練に取り組んで、自立への道を進んでもらいたいと考えています。 今後の支援の継続に向けて 今年、ケニアでも、これまでに経験のない物価上昇や円安の影響を受け、この個別支援は予算に対して12万円の赤字を出してしまいました。非行少年を新規に3名受け入れた結果でもありますが、もしあの子たちが学校に通うことができず、今も家やスラムのコミュニティで何もすることができない状況だったら、と考えると皆様からのご支援によって彼らの人生が確実に変わっていると思います。卒業する2名を除き、6名は来年1月~新学期を開始します。 今年度この6名の教育支援を継続するためには、1年間で約40万円が必要です。 このような状況から、この年末に、日ごろからご協力いただいています皆様に、今一度のご支援を募らせていただくことにいたしました。 少年・少女を1名サポートするためには・・・ 全寮制に通う高校生の場合、年間学費が70,000シリング。これに家から学校までの交通費(実家に帰る休暇がミッドタームも合わせて年間6回あります。)や生活必需品などの経費が年間40,000シリングかかる高校生もいます。このような全寮制に通う高校生が3名います。 また通学生の場合、年間学費が18,000シリング。通学制に通う高校生が1名。 その他文房具や教科書、制服の買い替えなどの要望にはキリがありませんが、なるべく応えたいということで経費がかかります。 職業訓練は、年間学費が20,000シリング。加えて、職業訓練なので道具や材料費にお金がかかります。そのような経費が一人おおよそ10,000シリング。職業訓練は、現在更生学校の出身者2名が受けています。 目標の指定寄付の募金額は52万円です。 これにより、来年2023年も引き続き、子どもたちへの支援を続けていき、笑顔と自信を身につけて前に進んでいってもらいたいと考えております。口数はありません。少しでも多くの皆さんからお心持の金額をお寄せいただければと思います。 皆さまのご支援、ご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ケニアの未来橋場美奈

ミライトークVol.8「ケニアの人々は、子どもの妊娠・出産にどう向き合っていくのか~ケニアの村で早期妊娠予防」

ケニアの未来は、ケニアの現地で草の根活動を通じ、ケニア人自身が子どもを守ることができるように、国際協力活動を続けてきました。 「育児放棄」「体罰」「過激化」「薬物依存」「児童労働」など、様々なネガティブなキーワードが子どもたちを取り巻いているケニアですが、中でも「子どもの妊娠」は年間40万人の10代の女子が妊娠するケニアではとても重大な問題です。「ケニアの子どもが自尊感情を育みながら成長し、社会と前向きにかかわって生きていく」このケニアの未来のゴールの前に大きく立ちはだかるのが、多くの子どもたちが望まない妊娠を経験するという現実です。 現在は、コミュニティを通しての早期妊娠予防の啓発活動を進めていますが、そこに至るまでコミュニティメンバーへの研修や活動の計画をしてきました。コミュニティの在り方もまったく日本と違うケニア。草の根活動は日本にいると見えにくい部分でもあります。 今回のミライトークでは、ケニアの村・コミュニティとはどのような場所なのか、どういうことが子どもに対して行われているのか、なぜコミュニティでの予防活動が必要なのか、草の根活動として実際何をしているのか、どのような課題があるのか、などについてケニア人のコミュニティメンバーとの関わりやインタビューから見えてきたストーリーを多くまじえながら、ケニアの未来設立者の橋場美奈がお話いたします。 また、現在ケニアの未来では、実際に早期妊娠予防活動を行って頂いているコミュニティの方々に対して当団体のTシャツを届けることを目指し、クラウドファンディングを実施中です!Tシャツがなぜ、そしてどのようにコミュニティの活動を支える鍵となるのか疑問に思われた方もいるのではないでしょうか?そういった疑問に対する答えと共に、クラウドファンディングの紹介も簡単にお話させていただきます! カメラOFF/ミュートで参加OK! また、イベント後半にはご質問に答えてさせていただきますが、事前に参加のお申し込みの際にご質問いただくことも可能です。 聞いてみたい!気になる!ということがある方は、ぜひこの機会にご質問ください。 こんな方にオススメ ★アフリカの子どもの状況をもっと知りたい!★アフリカの社会開発に興味がある!★国際協力に関心がある!★コミュニティ・アプローチに興味がある!★より踏み込んだ現場の状況をディープに聞きたい!★同じケニアやアフリカにいるけれど、行ったことのない場所や知らない話が聞きたい! 学生から社会人まで、年代問わず参加大歓迎です! _____________________________ 開催概要 【日時】2023年1月31日(火)20:00~21:30 zoomでの配信となります。 チケットの申し込みをしていただいた方に、「ケニアの未来」より視聴URLをお送りいたします。セキュリティの都合上、パスワードは外部に漏らさないようにお願いします。 【定員】50名 【チケット】・参加券(※当日オンタイムでのご参加)・動画視聴券(※当日ご参加が難しい方、ご自身のお時間がある時にご覧になりたい方にお勧めです。イベント終了後に、視聴いただけるアドレスを送付いたします。そちらからアクセスしご覧ください。) 【料金】500円 【事前申込み】〔Peatixよりお申込・お支払い〕https://peatix.com/event/3475553/view 〔メールまたはMessengerにてお申込・銀行振込でお支払い〕・メール:info@kenyanomirai.orgお振込口座:STEP①『お名前・メールアドレス・聞いてみたいこと』を送付くださいSTEP② 下記いずれかの口座宛てにお振込みください ・郵便振替で口座記号番号: 00110-0-264461加入者名: 特定非営利活動法人ケニアの未来 ・ゆうちょ銀行口座への振り込みで―記号: 10180  番号: 85176781名義: 特定非営利活動法人ケニアの未来 ・他の金融機関を利用する場合店名: 〇一八(ゼロイチハチ)店番号: 018 普通預金口座番号: 8517678 ○銀行振り込みで三菱UFJ銀行 柏支店 普通 0555255名義:特定非営利活動法人ケニアの未来 【登壇者紹介】◆スピーカー:橋場 美奈(はしば みな)    特活ケニアの未来設立者。英大学院修了後、2000年代初頭より、青年海外協力隊やNGO駐在員として東アフリカでコミュニティの地域開発に関わる。2010~2013年、ケニアにてJICA少年保護関連職員能力向上プロジェクト・長期専門家。この事業を通じてケニアの非行少年の問題と出会い、少年には社会内処遇の実現と非行・犯罪の予防活動が重要と考えるようになる。同JICAプロジェクト終了後、2014年に特定非営利活動法人ケニアの未来の前身となるケニアの未来プロジェクトを設立。2000年にケニア初渡航。2006年よりケニア在住。 【スケジュール】19:50~:開場・Zoomの使用方法などについて説明20:00~20:05 開会のあいさつ・登壇者紹介20:05~20:25 クラウドファンディング紹介20:25~21:15 ケニアの人々は、子どもの妊娠・出産にどう向き合っていくのか21:15〜21:25 質疑応答 21:25~21:30 マンスリーサポーター/インターン募集・閉会のあいさつ21:30 配信終了 【主催】特定非営利活動法人ケニアの未来Email: info@kenyanomirai.orgHP : https://kenyanomirai.orgFacebook: https://www.facebook.com/kenyanomiraiInstagram: https://www.instagram.com/kenya_no_mirai/※本告知は、シェア・転送大歓迎です!!

2023年1月15日(日)21:00〜 『Tシャツが鍵!?コミュニティによる早期妊娠予防活動の実態に迫る!』を開催しました!

【ミライトーク~HOP編~】 こんにちは、ケニアの未来海外事業インターンの有馬です。 2023年1月15日(日)に、『【参加無料!】Tシャツが鍵!?コミュニティによる早期妊娠予防活動の実態に迫る!』を開催しました! 今回のイベントでは、コミュニティによる早期妊娠予防活動のリアルと1月16日から始まったクラウドファンディングにおいて、なぜTシャツが草の根の活動を支える鍵となるのかについて、草の根活動の責任者でケニアの未来設立者の橋場美奈へのインタビュー形式でお届けしました。 イベントの中では、現地で起こっている早期妊娠の現状や原因、なぜコミュニティレベルでのアプローチが重要であるのか、草の根レベルで活動を行う上での課題について話をしました。 今回はHOP編ということで、ケニアの未来の活動について広く知ってもらうことがメインでしたが、1月31日(火)21:00より開催されるJUMP編では、ケニアの子どもの妊娠の背景とその予防活動に焦点を当てて話をしますので、更にディープな部分に触れたい!聞いてみたい!という方は是非JUMP編にご参加ください! 最後になりますが、ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。また皆様にお会いできますことを楽しみにしております! ************* 本日よりケニアの未来初の試みとしてクラウドファンディングを開始しました!以下のURLから詳細が確認できますので、ご協力いただき、ケニアの草の根活動を応援していただければ幸いです。よろしくお願いいたします!https://rescuex.jp/project/38862

【募集】ケニア派遣・現地業務補佐を募集します。

(特活)ケニアの未来では、下記事業に従事していただく現地業務補佐を募集いたします。 ●JICA草の根技術協力事業(支援型)「ケニア共和国マチャコス地方ムワラ県における地域住民による早期妊娠予防活動の実施能力向上事業」現場業務及び総務補佐●子ども及び青年の個別支援事業(教育・職業訓練)の補佐 国際協力、特にアフリカにおける子どもの問題に関心のある方に、ケニアの未来のケニア現地での事業実施を担当していただき、事業の実施・運営にも取り組んでいただきます。途上国での活動・業務実施の経験のある方、子どもの課題に関わりたい方、ぜひご応募ください。 <募集要項> ■募集職種:現地業務補佐■募集人数:1名■業務期間:2023年3月頃〜 原則6ヶ月間(延長可)■勤務地:ケニア・マチャコス■主な業務内容:・プロジェクトマネージャーの補佐・現場事業の調整・記録補佐・総務、会計事務・ケニアの未来の新規事業開拓の補佐■要件:20歳以上/要英語力/類似経験不問だが、途上国や外国での活動経験者優遇/事業及び総務業務に真摯に取り組める方/安全対策及び健康面での自己管理をできる方/ケニアの農村部での長期滞在が可能な健康状態の方。志望動機と子どもの保護についての自らの考えをまとめた作文の提出(A4一枚程度)※(特活)ケニアの未来の会員になっていただくことが条件になります。■待遇:・滞在費(食費・出張時宿泊費)補助支給・宿舎の提供※上記以外の諸経費(ケニアまでの旅費、渡航時のビザ、予防接種、業務外の交通・通信費、補助額を超える滞在費など)は全て自己負担※海外旅行傷害保険へは団体で加入するが、滞在費から天引きとする■応募方法:以下の書類を作成の上、Eメールにて送付してください。○履歴書(書式自由・写真貼付)*英語力については必ず明記してください。*勤務開始可能時期を記載してください。○課題作文「志望動機と子どもの保護について」(A4一枚程度)■選考方法:書類審査・面接■応募締め切り:2023年1月31日(火)必着※締め切りを待たず、随時書類選考を進めていきます。 ■担当:事務局 田中 友紀TEL:  090-6321-5389E-mail: info@kenyanomirai.org

【参加無料!】Tシャツが鍵!?コミュニティによる早期妊娠予防活動の実態に迫る!

ケニアの未来は、『子どもたちをすくい上げられるしなやかな社会を作る』ことを目指し、これまでケニアの現地で草の根活動を続けてきました。 現在は、早期妊娠予防活動として、コミュニティを通しての啓発活動を進めています。草の根活動は、コミュニティでの課題解決を促進するうえで重要である一方、日本にいるとどうしても見えにくい部分でもあるかと思います。 ケニアの未来は、1月16日よりクラウドファンディングを実施する予定ですが、Tシャツがなぜそしてどのようにコミュニティの活動を支える鍵となるのか疑問に思われた方もいるのではないでしょうか? そのため、今回のイベントでは、こうした見えにくい草の根活動において実際にどのようなことが行われているのか、どのような課題があるのか、現地のリアルについて、草の根活動の責任者でケニアの未来設立者の橋場美奈へのインタビュー形式でお届けします! カメラOFF/ミュートで参加OK! ラジオ感覚で、気ままに聞いていただけたら幸いです。 また、イベント後半にはQ&Aも受け付けます。 聞いてみたい!気になる!ということがある方は、ぜひこの機会にご質問ください。 こんな方にオススメ ★ケニアに興味がある! ★国際協力に関心がある! ★早期妊娠の問題に関心がある! ★コミュニティレベルでのアプローチに興味がある! ★現場のリアルな状況を聞きたい! 学生から社会人まで、年代問わず参加大歓迎です! _____________________________ 開催概要 【日時】 2023年1月15日(日)21:00~22:00 zoomでの配信となります。 チケットの申し込みをしていただいた方に、「ケニアの未来」より視聴URLをお送りいたします。 【料金】無料 【事前申込み】 〔Peatixよりお申込〕 https://peatix.com/event/3460909 【主催】特定非営利活動法人ケニアの未来 Email: info@kenyanomirai.org HP : https://kenyanomirai.org Facebook:https://www.facebook.com/kenyanomirai ※本告知は、シェア・転送大歓迎です!!